社員紹介

植和田 武久 Takehisa Uewada

お客様と車の架け橋として

植和田 武久 Takehisa Uewada
改善課技術担当主任 技術トレーナー
高山自動車短期大学卒

サービスエンジニアの最上級資格「TOP CREW」を近畿で初めて取得。本部の改善・技術課の技術トレーナーとして、若手サービスエンジニアの教育と各店舗の技術支援に携わる。

サービスエンジニアの最上級資格「TOP CREW」を近畿で初めて取得。本部の技術トレーナーとして、若手サービスエンジニアの教育と各店舗の技術支援に携わる。
トヨタにはステップ教育という制度があり、4つの段階を経て新人エンジニアを育成しています。各ステップの節目にはトヨタ検定の受検があり、4級〜1級がそれに対応する形です。ただ、一つ注意していただきたいことは、この検定に合格したからといってエンジニアとして全ての仕事ができるようになるわけではない、ということ。あくまで故障診断の概論の修得が目的であり、一人前のエンジニアとしてスタートラインに立っただけなのです。
ですから、私が若手のみなさんの前で講義をする際には何より基礎の理解を大切にしています。試験に合格するためのテクニックだけではなく、車の構造を本質からしっかり理解することで、エンジニアとしてできる事の幅がぐっと広がります。何より、エンジニアという仕事の醍醐味は、やはり故障の原因が分かった瞬間と正確に車を修理できた瞬間の喜び。それができて初めてお客様から「ありがとう」と言っていただけるのですから。
京都トヨタにはエンジニアとして技術・知識を磨く場がたくさんあります。また、各店舗のエンジニアが集まって勉強会を開くなど、モチベーションの高い仲間同士がお互いに協力し合いながら成長できる環境があります。車に興味がある方、エンジニアとして技術を磨きたい方はぜひいらしてください。
  • 仕事風景1
  • 仕事風景2